外資系企業に転職することの3つのメリット

日系企業との待遇の違い

外資系企業に転職することに関するメリットの一つは、日系企業との待遇の違いにあります。もっとも、一般的には外資系の方が給与水準が高いというイメージが強いですが、このことは必ずしも正確ではありません。むしろ、外資系企業の待遇の特徴は、社員の持っているスキルや達成した成果をストレートに評価して報酬が決まるということであり、優秀な能力を持つ人にとっては日系企業で働くより高給が得られる可能性が高くなるという点が大きなメリットであると言えるでしょう。

柔軟性のある勤務体系

外資系企業に転職することのメリットの二つ目は、勤務体系が柔軟であるという点です。日系企業では、勤務時間が決まっていたり、長時間の残業が求められるというところがまだまだ多くあるのに対し、外資系企業では成果さえ出せばそれほど厳しく時間を拘束されないのが通常です。そのため、優秀な人であれば、短時間で仕事を完了させて、余った時間を自己研鑽に充てて、よりスキルアップを図るということが可能になるわけです。

年功にとらわれない人事制度

外資系企業には基本的に年功序列という概念はなく、このことが外資系転職の3つ目のメリットと言えます。基本的には能力のある人により大きな職責を負わせるというのが外資系の発想ですので、能力があれば若くても責任のある地位に就くことが可能です。そのため、年齢が上というだけで上席にいる人にこき使われるというストレスに苛まれる可能性は、日系企業で働くよりも低いと言えるでしょう。

外資 ITは、日本企業と比べて年齢や性別、経験などにかかわらず出世のチャンスがあり、実力がある人は若くしてプロジェクトマネジャーなどの役職を担当することもあります。