一陸特ってどんな資格?取得方法やメリットをご紹介

聞きなれない資格「一陸特」とは?

「一陸特」とは、国家資格である「一級陸上特殊無線技士」の略称です。取得すると業務用無線や、衛生を利用した通信システムの操作ができるようになります。

一陸特はどうやって取得するの?

一陸特の取得方法は、2通りあります。1つは、国家試験を受験して取得する方法で、「無線工学」と「法規」の2つが試験科目になっています。一陸特の国家試験は2科目ですが、理系の知識が必要になるので難しく感じるかもしれません。2つ目は、養成課程を受講することです。養成課程を受講するには、まず選抜試験に合格しなければなりません。しかし養成課程を受講すると国家試験が免除され、修了試験に合格すると資格が取得できます。

一陸特を取得したら、どんな仕事ができるようになる?

一陸特はテレビ局やラジオ局、無線を使用する警察署や鉄道でも重宝されます。そんな一陸特の仕事といえば、電波を扱う施設の管理や、メンテナンスです。またテレビの中継局や、移動する中継車での機材操作も一陸特が行う仕事の一つでしょう。

一陸特取得のメリット2つご紹介

一陸特を取得するメリット1つ目は、需要があることです。通信のインフラ整備を行うとき、通信や電波の専門知識が必要になります。そのため一陸特は電波を扱う上で必要な知識や技術を持っているので、通信業界注目の資格といえるのです。メリット2つ目は、資格の有効期限がないことです。一陸特は更新するための試験や受講が不要で、一度取得すると一生ものの資格になります。

一陸特を活用できる仕事を探そう

一陸特を活かせるのは、やはり通信業界です。通信業界では、専門の資格を持っている人材の需要が高まっています。そのためテレビ局やラジオ局を始め、携帯電話の基地局でも資格を活かせるでしょう。一陸特が役立つ仕事は多岐にわたるので、活躍の場はとても多いです。

一陸特とは、無線局で通信システムの技術的な操作が行える国家資格です。スマートフォンなどの普及によって無線局が増えているため、この資格を保有している人材を求める求人も多く見られます。