外資系転職で良い結果を残すには何が必要なのか

外資系転職に強いサイトの利用や説明会への参加が重要

外資系転職は、国内の企業とは異なる採用のルールがあったり、同じ職種でも企業によって要求される経験やスキルが大きく異なったりすることがあります。そうした状況の中、外資系転職で良い結果を残したい場合には、早いうちから自分の強みを探したり、外資系転職に強いサイトを使って気になる企業の事業内容や採用後の働き方についてリサーチしたりするのがおすすめです。また、大手の外資系企業をはじめ、各地のイベント会場やオンライン上で転職希望者に向けた説明会を実施しているところもあるため、こうした機会を上手く利用するのも有効です。なお、国内外に多数の従業員がいる外資系企業の中には、年間を通じて中途採用の選考を行っているところもあるため、自分の力を生かせそうなところを見極めることが大切です。

キャリアに自信がある人はエージェントに相談しよう

外資系企業で営業や企画、マーケティングといった職種のキャリアが豊富にある人は、より良い条件で転職するため、民間のエージェントを利用するという方法もあります。エージェントによっては一定のキャリアがある求職者だけが応募できる求人を扱っているところや、外資系転職の事情に精通したアドバイザーが在籍しているところもあります。そのため、妥協することなく外資系にターゲットを絞って転職活動を進めるうえで、いくつかのエージェントの過去の内定の実績や転職を決めた人の体験談をチェックするのがおすすめです。その他、機会があれば複数のエージェントの担当者に質問をしたり、転職活動の始め方についてアドバイスを受けたりするのも大事です。

外資系求人は、大手の医療や機械、ITなど様々な企業が募集しており、特定の分野のキャリアが豊富な人や専門スキルを持つ人の獲得が活発になっています。