意外に知られていない!プラント施工管理の仕事内容とメリットとデメリット

プラントの施工管理の仕事とは

どんな建物を建てる場合にも施工管理は必要ですが、その中でもプラントの施工管理は、高いクオリティが求められます。例えば、リスク管理では、大きな事故につながらないよう作業工程を定期的に見直したり、専門性の高い人材の登用などが必要となります。

また、プラントは納期が遅れると大きな損失が発生してしまうため、スケジュール管理も大切です。スケジュールが順調に推移するように気を配るとともに、遅延が予想される場合は必要なリスケを行うなど、納期を遵守することがポイントとなります。加えて、原価や品質の管理も重要です。プラントで生産される製品特性に合わせて耐久性が保証された資材を使うことは必須で、予算との調整も必要となります。さらに、建設段階で現場を熟知していることで、メンテナンスを担当することも多いようです。

プラントの施工管理のメリットデメリット

プラントの施工管理のメリットは、常に安定した需要が見込めることです。一般的な建設業では、景気の良し悪しによって仕事の量が急激に増減することがありますが、プラントは社会的に重要な生産設備であるため、新規の建設に加え、維持管理の仕事が常にあります。安定して仕事を続けられ、責任ある仕事に見合った高収入を得ることもできます。対してデメリットは、長時間労働が多くなりがちで、ライフワークバランスを取りにくいことにあります。プラントは1日でも稼働できなくなると、大きな損失につながります。そのため、休日を返上して問題解決にあたらなければならないことも出てきます。

プラントの施工管理とは、工程、原価、品質、安全の4つの管理です。常に高い需要があるため給与がよく、転職しやすいと言われています。